不妊治療として葉酸サプリを活用しましょう|元気な子供を作るため

赤子と婦人

男性に原因があるかも

男性

子供ができない原因には男性不妊がありますが、病院で検査をして男性に問題がないのか確認するようにします。1年以上も子供ができないと不妊になるので、夫婦一緒に病院で検査やアドバイスをもらうようにするといいでしょう。

View Detail

非閉塞性と閉塞性

困る男の人

無精子症には非閉塞性と閉塞性の2つがあります。非閉塞性で精巣が原因の場合は治すのに時間がかかってしまう可能性がありますが、閉塞性は原因を改善することで治すことができます。

View Detail

葉酸サプリ

サプリ

葉酸という言葉を知っているでしょうか。この葉酸とはホウレンソウから見つけられた栄養素で、野菜から見つけられたので葉という字を使って葉酸という名前になったのです。葉という字が使われているので、葉野菜からしか摂ることのできない栄養素だと勘違いされそうですが、実際にはお肉などにも含まれています。葉酸は細胞や動脈硬化にとって重要な栄養素です。葉酸の1日の摂取量目安があり、その目安よりも多めに毎日摂取することで赤ちゃんへの障害を減らすことが可能です。予算というのは2000年に入ってから厚労省が推奨した栄養素で母子手帳にも記載がされるほど妊婦にとって大事な栄養素になっているのです。しかし、葉酸は熱に弱いので加熱調理をしてしまうとあまり摂取できなくなってしまいます。
そこで、上手く摂取するためには葉酸サプリを摂るといいです。葉酸サプリであれば加熱の必要がないので、必要な摂取量を調節しながら摂取することができます。サプリなので持ち運びが簡単なので、外出先でも摂取することができるので、外食で葉酸を含む食事をあまり取ってないと思ったときには葉酸サプリを食事の前後に飲むといいです。食事から直接葉酸を摂ることも必要なのですが、時間がなくて食事をする時間がなくてもサプリであればすぐに飲むことができます。食事から取れなくてもサプリを利用すれば1日の目安摂取量を摂ることができるので、妊婦の人はサプリを利用してはどうでしょうか。そうすれば元気な赤ちゃんを産むことに繋がるはずです。ただ、サプリを飲めば済むというわけではないので、しっかりと病院で定期的に検査をするようしましょう。そのときにちゃんと栄養が採れているのか医師に相談して、足りてないようであればちゃんと栄養を摂るようにしてください。

初めての不妊治療

笑顔の夫婦

京都の病院で不妊治療を初めて受けるときにはスカートで行ったほうが検査をするときはラクです。また、検査で出血があってもいいようにナプキンを持っておくと、下着を汚すことはありません。

View Detail